ブログタイトル

その雨漏り漆喰ではないですか??

  1. 宮崎県都城市の屋根・外壁の塗装専門店

プロタイムズ都城店

株式会社 富田美装のヒロです(^O^)

今日は先日から工事をさせて頂いてます。S様邸の様子です(*゚▽゚)ノ

S様邸にお家の健康診断に行った際に雨漏りしていたとのことでお話を聞き、屋根の上に上がって診断にした所屋根の棟瓦部分の漆喰劣化が見られました!((((;゜Д゜)))

その様子がこちらです(><。)

分かりますでしょうか?

漆喰が無くなり、屋根の内部が見えていますよね?

この状態では雨漏りして当然です(><。)

今回工事をさせて頂く中でこの部分の補修をしっかりと行うお約束をしていました(*´▽`*)

お約束は守ります(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

漆喰を作りぬりぬり♪

下の瓦の所も漆喰が傷んでましたので、その部分もしっかり補修(o^^o)

これで一安心です(≧▽≦)

この部分からの雨漏りではないかと診断させて頂きましたが、雨漏りの特定は難しい部分ですので100%雨漏りしないとは言えないのが現状…ですが、今後の様子もしっかりと確認して、S様のお悩みが解決出来るように頑張らさせて頂きますo(・`д・´。)

S様のお家の工事もあと少し♪

塗装工事は終わってからが勝負!社長の言葉を胸に、今後の点検等もしっかりと対応させて頂きます(o^^o)

何かご不明な点がございましたら、下記のコメント欄にお気軽に御記入下さい(^O^)

セメント瓦の塗装で気を付けることとは??

宮崎県都城市の屋根・外壁の塗装専門店

プロタイムズ都城店

株式会社 富田美装のヒロです(^O^)

最近は朝晩の冷え込みが強くなってきましたね((>д< ;)))

体調管理には気を付けましょう\(^o^)/

今日はセメント瓦の塗装で気を付けることをご紹介します(≧▽≦)

まず写真を見てください(。・ω・。)

これは今工事をさせて頂いているお家の屋根の下地塗装状況です(^O^)

瓦にグレーの塗料を塗布しているのが分かると思います(*゚▽゚)ノ

基本的に塗装工事は下塗りが1回、上塗りが2回の計3回塗りが基本となっています!!

しかし、ここで気を付けないと行けない事は瓦の素材や瓦の状態で施工が変わると言うことです!!

実はセメント瓦やコロニアル等の主成分がセメントの建材は表面の塗膜が無くなり、セメント素地が露出してしまうと、水分をかなり吸収してしまいます!( ̄▽ ̄;)

塗料も例外ではなく、瓦内部に吸収されてしまいます((>д< ;)))

ですので、塗料メーカーも瓦の状態によって下地塗料の塗布回数を1~2回と指定しているんです( ¯•ω•¯ )

こちらのお家も診断の際にセメント瓦の素地露出が確認されていましたので、下塗りを2回行っております!

2回目の下塗りを行っている状態です!

違いが分かるでしょうか??(*゚▽゚)ノ

1回目の下地塗料を瓦が吸ってセメントが濃いグレーになっている状態が見て取れます(><。)2回目との下地塗布とは色が違うのが分かるでしょうか??

下地塗料とは瓦の上塗りの塗料との密着を上げる為の塗料ですですので下地塗料が瓦内部に吸収されてしまった状態で上塗り塗料を塗ってしまうと密着力が弱くなり、1~2年で剥離することが多いにあります(σ-`д・´)

セメント瓦やコロニアル瓦の塗装を行う際は瓦の状態を十分に把握し、下地の塗膜が出来てから上塗り塗装される事をおすすめします(o^^o)

何かご不明な点がございましたら、下記のコメント欄にお気軽に御記入下さい(^O^)

盆地マルシェ初出店♪

宮崎県都城市の屋根・外壁の塗装専門店

プロタイムズ都城店

株式会社 富田美装のヒロです(*´▽`*)

昨日はぽかぽか陽気で過ごし安い1日でしたね(⌒▽⌒)

そんなぽかぽか陽気の中!まちなか広場で開催された盆地マルシェ(o^^o)

私も商工会議所青年部(YEG)の一員として参加させて頂きました\(^o^)/

YEGでは、都城市特産の豚肉と鶏肉を使った豚ドッグとチキン南蛮ドッグを販売(*´▽`*)

初めての参加でしたが沢山の方に来て頂き、とても楽しい1日でした(o^^o)

都城市のお店の方が沢山出店してて、色々なものがあってすごく楽しかったです(๑•̀‧̫•́๑)

皆さんも1度は盆地マルシェにいらしてくださいね(≧▽≦)

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織