ブログタイトル

雨樋補習と1年点検!

宮崎県都城市の屋根・外壁の塗装専門店

プロタイムズ都城店

株式会社 富田美装のヒロです(≧▽≦)

夜になるとぐっと冷え込みますね((>д< ;)))寒いのが苦手な私は心の準備がまだ出来てません!!笑

寒さを感じる時期になってきましたが、今日は先日の台風の影響で雨樋が曲がってしまったお家のメンテナンスに行ってきました(^O^)

K様のお家ですが、先日の台風で木の枝が折れ雨樋に当たり曲がってしまったとのことで本日お伺いしました(・ω・`)

1年点検も近かったこともあり、一緒に点検もさせて頂きましたが、屋根、外壁共に良好な状態でした(⌒▽⌒)

台風の影響を受けた雨樋は金具から外れ曲がっている状態でした(・ω・`)

応急処置として、雨樋を金具にはめ込み雨水が流れる様にはしましたが、勾配が変わっている恐れもあるため様子を見てから補習や交換が必要な場合は対応させて頂く形にまりました(*´▽`*)

一緒に、雨樋内部に木の葉等が詰まって居ましたので、清掃をさせて頂きました( ´•ᴗ•` )

すぐ出来る作業ということもありましたので、1年点検!!ということで、とても喜んで頂きました(o^^o)

笑顔になって頂けただけで満足(≧▽≦)

とても良い日になりました(*´▽`*)

何かご不明な点がございましたら、下記のコメント欄に御記入下さい(^O^)

モニエル瓦って知ってますか??

く宮崎県都城市の屋根・外壁の塗装専門店

プロタイムズ都城店

株式会社 富田美装のヒロです\(^o^)/

急に涼しくなって寒さを感じるぐらいですね((>д< ;)))

皆さん体調管理には気を付けてくださいね(。・ω・。)

今日はモニエル瓦の話をします(⌒▽⌒)

粘土瓦、セメント瓦、コロニアル、陶器瓦など多くの種類の瓦がありますが、モニエル瓦って種類があるのはご存じですか??

モニエル瓦はセメント瓦の1種ですが、屋根の塗装工事をする際は少し注意が必要な瓦なんです(><。)

このモニエル瓦(乾式洋瓦)は普通のセメント瓦とは少し違っています。一番上の層である塗膜の下にスラリー層(着色したセメント層)と呼ばれる層があり、その下がセメント系の瓦になっているのです。(。・Д・。)ノ

セメント瓦とは形状も異なり、瓦の小口部分が滑らかなのがセメント瓦、ボコボコと荒れているのがモニエル瓦です。(。・ω・。)

かつてはスラリー層とよく密着する塗料がなく、扱いが難しく、塗装工事後塗膜が剥離するなどの問題が多く起こりました。(。-ˇ.ˇ-。)

最近ではスラリー層の上から塗装できる下地塗料が登場していますが、リフォームの際はまず高圧洗浄などでスラリー層をできるだけ除去するのが通例となっています。(。・Д・。)ノ

先日モニエル瓦のお家の屋根を洗浄した様子です\(^o^)/

塗膜の密着がないとボロボロと剥がれていきます(。-ˇ.ˇ-。)

塗膜が剥がれ、赤色の旧塗膜が露出してきました!!

洗浄後のお水が茶色くなっているのは洗浄で剥がれたスラリー層です(・ω・`)

剥離した塗膜をしっかりと剥がしてから塗装を行います(^O^)

モニエル瓦のお家の方は塗装メンテナンスされる際は気を付けてくださいねm(。>__<。)m

この工事の続きはまた今度ブログに上げますね\(^o^)/

何かご不明な点がございましたら下記のコメント欄に御記入下さい(≧▽≦)

瓦の塗装前に瓦の交換!!

宮崎県 都城市の屋根・外壁の塗装専門店

プロタイムズ都城店

株式会社富田美装のヒロです\(^o^)/

皆さん台風は大丈夫でしたか??((>д< ;)))

ということで久しぶりのブログ更新です( ̄▽ ̄;)

今日は先週着工したS様邸の屋根塗装前に瓦の交換を行いました(。・ω・。)

完全に割れている瓦もありましたが、ひび割れのある瓦も交換した様子です(*´▽`*)


苔が出す酸や、酸性雨の影響を受けた瓦は中性化され脆くなってしまっています(><。)

塗装工事を行っても脆くなってしまった瓦は元に戻らないので交換する必要があるんです…(><。)

S様邸では16枚の瓦を差し替え交換を行ってから塗装工事を行います(*゚▽゚)ノ

新しい瓦と現行の瓦とでは塗装後の仕上がりが変わるため、目立たない箇所の瓦と全て入れ替えました(^O^)

ちょっとした気遣いの部分ですが、プロとして施主様に喜んで頂ける、しっかりとした工事をこれからも行っていきます(⌒▽⌒)

何かご不明な点がございましたら、下記のコメント欄に御記入下さい(^O^)

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織